発達障害と仕事 ウェブデザイン

発達障害グレーゾーンと仕事環境問題

 
好きなことを始めると止まらなくなる、は発達障害(ASD/ADHD)の症例の一つです。

今まで、好きなことがそのまま仕事になってきました。
デザイン制作がベースで、その職種が変化し続けてきたのは、ASDの専門性と、飽きっぽいADHD、の混在ですね。
他者から見たら理解しがたいのかもしれません。




実際、習得すると飽きる、職種を変えたくなる、の繰り返しだったとも言えます。
身近な人には「勿体無い」「飽きっぽい」などと言われたものでした。
的を得ているだけに、けっこう傷つついておりました(悔しいので表には出しませんでしたけど)。

でも、もし無理に続けていたら絶対に病気になっていたと思います。
発達障害の2次的な症例で「うつ」「パニック発作」などです。

今となっては、直感で次へと移行していた自分にあっぱれです。
ただ、発達障害《ASD(自閉スペクトラム症/旧アスペルガー) ADHD(注意欠如・多動症)》グレーゾーンとしてはそれで良くても、社会からはそうは思われません。
そこが辛いところです。

海外テレビドラマシリコンバレーSilicon Valleyビッグヘッドギャビン・ベルソンピーター・グレゴリーモニカ・ホールロン中国人ヤン

米ドラマ「シリコンバレーSilicon Valley」で見る発達障害

2019年9月15日



WEBとIT業界と発達障害

そんなところから、年齢的なものもあるかもしれませんが少し成長しました。
webデザインを始めたのがきっかけです。

おしゃれなイメージがあるかもしれませんが、華やいで見えるのは「ディレクター」「広報」の人であって、現場で実際制作している人たちは、オタク学者・研究者気質の人ばかりです。

ASD(自閉症スペクトラム/旧アスペルガー症候群)の過集中(始めたら止まらない)や、無駄とも言えるこだわりが、偏執的なまでに細かい作業の多いWEBに向いていたのです。



数学が得意なため HTML&CSS や PHP、 JavaScript などの言語を面白く感じたのもラッキーでした。ただ、女子力はどんどん失われつつあります まずいです 笑

続いている理由としての決定打は「とにかく勉強することが死ぬほどあって、尽きない」
これだと思います。新しい技術がどんどん出てくるので、大変ではありますが飽きる暇もないわけです。

海外ドラマ「エレメンタリー ホームズ & ワトソン in NY」にホームズの恋の相手で、フィオナという発達障害の凄腕プログラマーが出てきます。
彼女は美人で天才なので、いかにもドラマ的な発達障害者とも言えますが、発達障害の持つ魅力が端的に描かれていて、嬉しくもあるのでした。