パソコン壊れる,,Macよこんな時に限って

引きこもり大人の発達障害グレーゾーンの仕事や生活の困りごとを解決上手な人付き合いの方法コミュニケーション

非常事態宣言が解除になりました。

が、特にこれといってあまり生活は変わらなかったりします。

いや、個人的には大ごとが起こりました。

お題に書いちゃってますが

パソコン mac book が死にました。

それはもう、本日の朝から潔く、全く起ち上がらなくなりました。

mac使用の方は知っているかもですが

パワーボタンを入れると、「ファーン ファーン ファーン

と3秒鳴り、5秒沈黙、そして繰り返し、といった具合に

警告音が真っ暗のディスプレイの中、鳴り響き続けるという

背筋の凍るような事態に。

その後、ググってできることは全部試しましたが、息を吹き返すことはありませんでした。

さようなら mac 1号

何も、こんな時に、急に逝かなくてもいいじゃないか

今月の仕事のスケジュールはほぼ真っ白、いつになったら軌道に乗るのか、全然予想が立てられないこの状況で。

新しいのを買うのに、いったいいくらかかると思ってんだい。

でも、よく考えたら仕事で常に持ち運び、

今まで2回ほどクラッシュしてはどうにか直しながら使ってきたわけで、

メンテナンスしながらの7年間の使用は、寿命かもしれませんね。

しかし、予兆がなかっただけに、今回のお別れは衝撃的でした。

データーを大事に

5年ほど前、この mac1号の 調子がおかしくなりました。

電源を入れても起動せず、中のデータが全く使用できなくなりました。

当時、ガラケーとピッチ(超アナログ)で仕事をし、デジタル端末はmac1号だけだったので

ネットも繋げず何にも出来ない状況に陥りました。

結局、友達の家の超高速WIFIを借りて、OSをダウンロードし直すことでどうにか凌いだのですが、

この時 「もう1台デジタル端末を用意せねば、WIFIは高速でなければ」 と心に誓ったのでした。

そして、タブレットを経て、1年後にmac2号を手に入れました。

苦い経験より、データーは常にバックアップ

PCはメンテナンスしながら使う、と完全に仕事のルーティンとして組み込んでしまったので

今回の mac1号 とのお別れは、金銭的なこと以外は

そんなにおイタなことにならずにすみました。

ASD ADHD 的には

発達障害グレーゾーン
 
ASD(自閉症スペクトラム/旧アスペルガー) ≥ ADHD(注意欠如・多動症)の自分としては

興味対象外はものぐさです。

macも壊れるまでは、普通に使ってるだけで全然詳しくありませんでした。

壊れたら Apple Store に持ってけばいいという感じ。

でも実際問題 Apple Store は混んでいる。それも超絶待たされる。

人混みはうんざりします。

ええい、もう面倒くさいから自分でどうにかする、と検索し始めたら止まらなくなり

2,3回挑戦するうちに ASD(自閉スペクトラム症/旧アスペルガー)のオタク道が発動し

なんだ大して難しくないぞ、、と芯を食ってきて

どんどん女子力が失われ、人付き合いよりもデジタルの方が楽しくなってきてしまったわけです。

発達障害グレーゾーンと仕事環境問題

発達障害と仕事 ウェブデザイン

2019年10月1日

変態度が増さないように

mac 3号 はいつ買うのか、何を買おうかな、と考えつつ

mac 1号 は解体して中を変えたらまた使えるのだろうか、とふと頭をよぎったりもします。

そこまでやる必要ないのにね〜 笑